BLOG ブログ

【40代・50代女性】「〇〇できない」自分の育成もせず年齢のせいにするな!

つい、そう言ってしまいたくなる気持ち、もちろんわかります。身体も代謝も悪くなり、気分がすぐれない時も増えてきます。ただ、それは単なる年齢からの「逃げ」かもわかりません。自分の可能性からの逃げ、現実からの逃げ、失敗したら恥ずかしいという自意識過剰からの逃げ、など。そんなちっぽけな「逃げ」なんてあなたには似合わない。もっと上をめざすべきなんです。

残り時間

あなたは今、何歳ですか?

一つ質問です。

今年に入って、
なにかあたらしいこと始めましたか?
特に何も変化なし、でしょうか。

人は必ず死にます。
ということは残された時間は
あとどれくらいでしょうか?

日本女性の平均年齢は80代後半ですね。
たとえば、
あなたの年齢を88歳から
引いてみてください。
残りの年数が出ますね?

それが残りの時間?
いえいえ、実はそうじゃありません。
その残り時間には、
寝る時間が含まれていますから
睡眠時間を引かなければいけません。

たとえば私の場合、

88歳(平均寿命)-55歳(現在年齢)=33(年)
7H(1日睡眠時間)×365日×33年=84,315H
24H×365日=8,760(1年の総時間)
84,315÷8,760=9.625年
33年ー9.625年=23.375年

となり、

88歳まで生きたとして
現在から88歳までこの
「23.375」が
私の目が覚めている年数です。

たった23年ほどしかありません!

もうそんな時間しかないんです!
あなたはいかがでしょう?
一度、残り時間を
しっかり計算してみてください。

55歳から「あたらしい世界」、そこで発見したもの

私はたまたま、
クライアントの関係で
これまでまったく
縁のない美容業界へ
55歳という結構な年齢から
足を突っこむことになりました。

あたらしい発見だらけです。

教えてくださる方々は、
私より皆さん年下で、
私の娘ぐらい歳の離れた方も。
具体的にはエステティシャンです。
モデルに顔を貸していただき、ひたすら練習です。

ある20代男性との練習で、
もっと深く知りたいと思えた、
大きなきっかけがありました。

彼は最近の男性の象徴のように、
美意識が高く
「きれいな肌になりたい」と
言っていました。

その理由を聞くと
「韓国の友人がとても肌がキレイだから、
自分もそうなりたい」と。

その彼とはその日初対面なのに
そこまで私に話してくれたことが
とても嬉しく、
心を開いてくれた満足感がそこにありました。

今までの私の仕事や経験も
ぜんぶ役立ってる!と。

心を開いてもらって、
なりたい自分になっていただく。

新しい面からサポートしていける!
と確信した出来事でした。

あなたの役割

いま、
あなたの仕事はどんな状態でしょう?
長年同じ会社なのか、
まだそれほど日が経っていないのか。

いずれにしても、
あなたがやってきた仕事や経験は
とても大事ですが、
その仕事を日々バージョンアップ
していかなければいけません。

苦手な仕事でも、
違う面から見る勇気を持つ。
本質を見抜こうとする覚悟。
人から学ぼうとする素直な気持ち。

これらがあなたをさらにかがやかせ、
成長させるのです。
そして、
そのポジティブマインドを
周りの人へ伝染させていくのです。

これは20代30代の方でももちろんできますが、
40代以上だからこそ
やる意味があります。

経験があるからこそ
若い世代へ伝えられるし、
支える役割があなたにはあるからです。

最初に人生の残り時間をカウントしたように、
あなたには
それだけの時間があります。
いや、それだけの時間しかありません。

人生一度きりです。
モヤモヤした気持ちで過ごすのか、
どんどんチャレンジして
ワクワクした時間を過ごすのか。

どちらを選んでもあなたの人生、
ただし時間は限りがある。

年齢を理由にするなんて、もったいない。