BLOG ブログ

「テーブルに一輪の花」京都で実績を出した夫婦改善の話。

「ダイニングテーブルに一輪の花を」夫婦の関係を良くするために、まったくどうしてどんな関係があるの?そんな必要があるの?ふたりの関係が良くなっていった、そんな実話です。

惹きつけるものはなに?

突然ですがこの鳥居、どこかわかりますか?

すぐわかったあなたは、かなりの神社好きですね(笑)


はい、答えは・・・ここです!

和歌山県・熊野本宮大社のそばにある
「大斎原」(おおゆのはら)

まーっすぐの田んぼみちをてくてくと歩きます。
周りはなにも建物がほぼ無くて
だだっ広い田んぼが
いくつもそこにあるだけです。

大地をそよぐ風が頬をなでてくれ、
すごく心地よいのです。

その先には
明治時代そこにあった
熊野本宮大社跡の原っぱがあります。

ここを「おおゆのはら」と呼びます。

撮影禁止のため
鳥居から先の写真はありませんが
この原っぱは、特に何かがあるわけじゃないんです。

ただ、そこに「あった」という事実だけ。
それでも、
いつ訪れても、
人が途絶えることはありません。

人をひき寄せる、何かが確実にあるのです。

静寂とおおらかさと心地よい風。
そして清らかな空気。

私たち日本人は
お正月になると神社に行きますが
ひきつける、
あるいは「行かないと」と思わせるもの、

一体なんだと思いますか?

いい空間に身をおきたい

居心地よくて
神聖で清らかな空間、

そして、そんな場所への憧れ、畏敬の念。
年始にお参りする人もとても多いと思います。

それを
年始にたった一度だけの行事にするより
毎日毎日を
「神聖で清らかな居心地よい」場所へ
自分を置いてみませんか?

だれもが
「心地よい空間」に
身をおきたいと
無意識の中でも思っているものです。

では、
毎日を「心地よい空間」にするには
どうしたらいいでしょう?

また
なぜその必要があるのでしょうか?

「余白」を楽しむ

例えば
神社にあらわされるように
広い空間にポツンとある鳥居。

「効率化」とは無縁の代物ですね。

その余白を私たち日本人は
楽しんで取り入れてきた民族です。

余白の美しさ。

これを
あなたの日常に取り入れていくんです。

例えば
ダイニングテーブルに一輪の花をいけること。

例えば
ランチョンマットをひいて
箸置きをセットし
シンプルな器で食事を愉しむこと。

そんな「余白」を
いかに取り入れて愉しめるかで
あなたの心に余裕も生まれてくるし
旦那さんの心にも
かならず変化が生まれてくるんです。

めんどうでもダイニングテーブルに気をつけたい

「時間がない」

「めんどうくさい」

「そんな時間があったら他のことをしたい」

「何のメリットがあるの?」

「意味ない」

など
反論はたくさんあるでしょう。
それでも、やってみてほしいんです。

私は
夫と関係性が良くなる少し前から
テーブルには(さすがに毎日ではなかったですが)
一輪を活け
ランチョンマットをひき
信楽焼のお気に入りの食器で盛り付け

夕食を愉しむことができるよう、
意識して行動してきました。

今では
私がセットするまでもなく
夫が先にセッティングしてくれてますが(笑)

もちろん、
そんなこと(セッティング)を
1ミリたりともする人ではありませんでした。

豪華でなくても
シンプルなダイニングテーブルでも
形を整えることで

ふたりの心を合わせることと、
自分たちそれぞれの”内面”を整えることを
自然としていったのだと思います。

特に
子どもたちも独立し
夫とふたりの生活なので
話す相手が夫だけ、という環境も
変わっていった原因かもわかりませんね。

いつもフレッシュな気持ちで

わが家のダイニングテーブルには
買ってきた一輪の花はもちろん、

お庭で咲いたお花やみかんの花、
名も知らない雑草のような花にいたるまで
日々食卓を彩ってくれています。

今日は
クライアントのお母様からいただいた
立派なバラが
生き生きと花をつけてくれています。

これは言ってみれば
”余白”であり
生活に特には
必要なものではないかもわかりません。

ですが
「うるおい」のようなものでもあり、
夫と私の
クッションがわりもしてくれる
とてもありがたい存在なんです。

一見して
ムダなようなものでも
ムダではなく

心を潤してくれるものに
囲まれることで
癒し効果がどんどん高まり

相手(夫)への怒りやイライラも
少しは軽減していってくれます。

旦那さんのため、というよりも
あなたの心の平安を少しでも保つために・・・

ダイニングテーブルに一輪の花を。