BLOG ブログ

【ささいなストレス】京都で実績を出した女性歯科医師と夫の話。

中国地方のある女性歯科医師とオンラインでおためしセッションしたときの実話です。(2018年6月)

どんな悩みを持っていた?

・夫とケンカしたり言いあったりがあまりないので
そこまで深刻な悩みはなかったが、
ついイライラしてしまう自分がイヤだった。

・帰宅後に時間に追われてる気がして
イライラしやすかった。

・不必要なガマンとか思い込みは捨てたい

----------------------
これだけ見れば大した悩みはなく
「良いじゃないの」と
思われるかもわかりません。

確かに
ケンカが絶えないとか
逆にまったく口もきかず
家庭内別居であるとか
DVが起こっているとか
差し迫った悩みではないです。

ただ、
この「なんでもない」「大したことでない」を
うっすらうっすらとつみ重ねることで
引きかえせない大きなトラブルに
発展しかねないこともあるんです。

なので、
普段からできるかぎり
小さな”芽”はつみ取っていった方が
あとあと断然ラクなんです。

彼女は私をこう、見ていたようです

彼女とは
実はあるセミナーで数年前に出会いました。

何度か
お目にかかる機会もあったのですが
じっくりお話しすることがたまたま無く、
そのまま時間が過ぎていました。

2017年だったと思いますが
彼女と再会したとき
おためしセッションをさせていただくことになり
オンラインでお話をうかがいました。

今のように(2020年)
リモートがあたりまえになった時代ではなく
オンラインで離れた場所の方と話す、
ということは
まだまだほとんど広がっていませんでした。

それでも
1時間ほどオンラインでじっくりお話をしました。

セッション前の私の印象は
こうだったようです↓
------------------
カズさんと話したことがない頃
実は怖い人かもと思っていました
--------------------------------------
少し厳しめな印象を
もたれることも結構あるので
そう思われてもしかたないです。

それは
当たっていると言えなくもない、
いや、当たってますかね(笑)

セッション後、私の印象はどうでしたか?

話したら、すごく温かくて優しい方というのは
すぐ分かったのですが。
いつの間にかめっちゃ話してました。

すごく聞き上手だし、
いろんな引き出しをお持ちで
話すことでスッキリしたし、楽しかったです!

人により、
責められると感じることもありますが
カズさんはそれがぜんぜんなかったです!

悩みが深刻な方でも
救ってあげられるパワーがあると思いました。
------------------------------------------
少し印象がアップしててよかったです(笑)

彼女の”気づき”は?

(気づき)
・自分がリラックスできる環境を整えること

・不要なガマン、思いこみはできるだけ捨てよう

・実は夫のことをわかっているつもりで
まだ知らないことがいっぱいあるのでは?と思えた
---------------------------------------------
【私からコメント】
リラックスできる環境のために
思ったことをストレートに相手にぶつけ
ストレスを解消するということ?

という方法とは残念ながら違うのですが、

「いかにワクワクした状態を、自分でつくり出せるか?」

を探しながら
気分よく過ごす方法や
テンションあがるコツを試し

「他人に左右されない、ホットマインド」
を作っていくか。

これに尽きます!

あとは
『夫のことをわかっているつもりで
まだ知らないことがいっぱいあるのでは?』

もちろんそうです!!!

誰もが
自分のこともまだまだわからない、はず。

まして
一緒に暮らしているとはいえ
夫はまったくの他人です。

わからないことの方がおそらく多いし
そして人は
どんどん変化していくはずです。

だからこそ
関係性がもっと良くなる可能性は
限りがないのです。
(逆の場合も、とうぜん出てきますが)

”今日からすぐできること”は?

(今日からできること)
・ひとこと日記をつける→自分の振りかえりのため

・習ったヨガを家でもやる→体調を整える(メンタル面で良いと思う)

・家の段ボールをなくす!(使ってないものを捨てる決意をする)
-------------------------------------------------------
【私からコメント】
ご自分を振りかえる、
めちゃくちゃいい習慣です!!!

ほとんどの人は
反省・後悔はしますが
「振りかえる」ことは少ないはずです。

なぜかというと、
「振りかえり」は
できていない自分と対峙する(受け入れる)
必要があるからです。

「受け入れること」は
受け入れがたく、つらい作業です。

だから
人のせいにしたり
グチや悪口を言って
現実から逃げたりしてしまうのです。

その方がラクだからです。
自分と向き合うことを避ける。
誰だってそうしたい。
ラクな道を選びたいんです。

でも彼女は、そうしないと決めました。

使っていないものを捨てる、という決意もしました。

素晴らしいです。

あなたも彼女のように
小さな一歩で
新しい自分とご主人に出会うチャンスを
自分で引きよせませんか?