「アメとムチ」になっていませんか?

あなたの職場やチームでは

「アメとムチ」の

環境になっていませんか?

 

 

 

 

といっても

その意識(アメとムチ)がないと

理解しにくいかもわかりませんが・・・

 

 

 

 

作家のダニエル・ピンクは

人は

どんな動機によって行動するのか、

 

 

 

パソコンのOSに例えて

1.0から順にバージョンアップすると

以下のように定義しています。

 

 

 

■モチベーション1.0

 

生きていくために必要だからする

 

 

■モチベーション2..0

 

報酬が欲しいからする

 

 

■モチベーション3.0

 

やっていること自体が楽しいからする

 

 

 

 

冒頭にお聞きした

「アメとムチ」は2.0です。

 

 

 

 

 

労働者は

 

 

管理しないと怠ける

仕事はつらく嫌なもの

歯車の一部

指示を忠実に守れば報酬を与える

反すると罰する

 

 

 

 

これらの考え方で

最大の効率が得られるという

考え方です。

 

 

 

 

現在も

まだまだこの環境は見受けられると

私は思っています。

 

 

 

実際、

東証一部上場の企業様でも

その現場を目の当たりにしましたから。

 

 

 

 

これは

管理者は

どちらかというと簡単で

自分の頭を使うことがなく

人の成長を

じっと待つことをしなくてよく

 

 

 

 

はっきりいって、ラクです。

 

 

 

 

頭ごなしに叱責したり

一方的に指示を与えたり

柔軟ではなく固定的で

他のアイデアや考え方を受け入れず

自分(のやり方)が正しいと

・・・・・・・・・

 

 

 

考えられる弊害として

 

意欲や創造性を低下させます。

 

 

 

 

振り返ってみて

これらは

以前の私でしたね・・

ひどい上司でした(苦笑

 

 

 

 

 

モチベーション3.0では

これからの組織環境を示していて

 

 

 

外的環境よりも

内側から湧き出るエネルギーを

モチベーションにするやり方です。

 

 

 

 

自分の意思で行動を決めたり

 

成長できることの確信を得たり

 

誰かの役に立って満足感を得たり

 

 

 

これからの組織は

誰か一人がリーダーになって

引っ張っていくよりも

 

 

 

 

一人一人が

それぞれ違う

得意分野でのリーダーとなり

補完し合いながら育っていく

 

 

 

 

そんなチーム。組織づくりが

令和の時代には求められている。

 

 

 

そう

私は確信しています。

 

 

 

 

「人が育たない」

 

「言うことを聞いてくれない」

 

「何回言ってもわかってくれない」

 

 

 

こんな思いがあるなら・・・・

 

 

 

あなたの職場環境は

モチベーション〇〇でしょう?

 

 

 

 

思い当たることがあれば

一度検証してみてもいいかも

わかりませんね。