”長いお箸”を誰のために使う?

私は

ある事情があり

東寺(京都)さんへ

定期的に行くのですが

 

 

 

敷地の西側にある

御影堂(現在工事中)の向かいに

現在は

弘法大師が鎮座されています。

 

(誰でもお参りできます)

 

 

 

 

毎月変わる

お大師さまの言葉を

書いた紙が置いてあり

いつでも

いただけるようになっています。

 

 

先日いただいたお言葉を

ぜひご紹介したいと思います。

 

 

 

=========

地獄は

いずれの処にか在る

 

いずれか

自心の中に観ん

=========

 

 

以下、解説です。

 

 

=========

地獄も極楽も

食事は大変長いお箸を使います

 

 

地獄では

お箸が長すぎて

食事が自分の口に入らず

争いが起こっています

 

 

極楽では

お互いの仲良く食べさせあって

感謝して

食事をいただいています

 

 

「思いやりの心」一つで

地獄にも極楽にもなります

===========

 

「長いお箸」は

社内の設備や環境であったり

そこにあるもの・ことです。

 

 

 

それを使う人が

どう捉えて

どう使っていくかは

もちろん人それぞれです。

 

 

 

 

使いようによって

力を合わせた

素晴らしいチームになるか否か。

 

 

 

「長いお箸」

を相手のために使えるか?

 

 

 

 

みんながhappyになっていくには

どうしていけばいいのか?

・・・・・・・・・

 

 

 

 

「長いお箸」は

あなただったら何になるでしょうか?

 

 

 

今日の食事の時に

考えてもいいかもわかりませんね。