【パートナーデザイン】経営者が俯瞰すること

こんにちは、パートナーデザイナー・田中和枝です。

 

 

あなたは学生のとき

どんなスポーツをしていましたか?

 

あるいは

どんなサークルにいたでしょうか?

 

 

 

例えば

 

(A)

サッカー

野球

ラグビー

バスケット

バレー

・・・・・

 

 

(B)

テニス

武道

陸上競技

水泳

スキー

体操

・・・・・

 

 

(A)(B)に分けましたが、

どう分けているかおわかりでしょうか。

 

 

 

 

 

はい、そうです。

チームスポーツと個人スポーツです。

 

 

==============

チームスポーツ経験者は

チームで一つのプロジェクトを

やり遂げることに向いている

 

 

また、

リーダーになると

メンバーをまとめるのがうまい

==============

 

こんな傾向があるねって

昨日ある人と話してたんです。

 

 

 

もちろん

すべての人に当てはまるわけでは

ないと思いますが

あくまで傾向として、です。

 

 

 

私自身も

ほぼチームスポーツは経験がなく

個人スポーツを好みます。

チームで一致団結し

プロジェクトを遂行するのは

ちょっと苦手な方・・・

 

 

 

 

ただこれは

あくまでもその人の

”傾向”が見えると言うだけで

 

 

 

いつもこのメルマガで

何度もお伝えしている

 

=====

良い・悪い

=====

 

ジャッジするものではないことを

しっかりと

心に留めておいて欲しいのです。

 

 

 

 

*チームプレーが得意な人

 

*個人プレーが得意な人

 

 

 

 

それぞれに

居場所があり

役割があって

どちらのタイプも

組織を効果的に動かすには

絶対必要なんです。

 

 

 

それらの特徴を

上に立つ人(=経営者、リーダー)は

客観的に俯瞰していく努力を

身につけていただきたいのです。

 

 

 

実際に

経営者の方からお聞きしたお悩みと

それに対する私の考えを

明日、引き続き

お伝えしていきます。

 

 

いつもありがとうございます。