【パートナーデザイン】睡眠時間を削るのはもったいない(1)

こんにちは、パートナーデザイナー・田中和枝です。

 

今日は脳の「海馬」について触れていきます。

ちょっとシリーズになるかもです。

 

 

脳の「海馬」は短期記憶の役割があり

入ってきた情報をいるかいらないかを判断し

整理をしていきます。

 

 

 

 

その整理に使われる時間は、睡眠中なんです。

 

 

 

人は

意識・無意識にかかわらず

一日中様々なものを見て経験しています。

 

 

 

それらは

睡眠中に整理され統合していくのです。

 

例えば

 

ギターや津軽三味線の

うまくいかなかったところが

突然できるようになること。

 

 

 

これらも

記憶が熟成され自動的に調整されて

うまくいくようになるのです!

 

 

 

毎晩同じように

睡眠をとっているように思えるかもしれませんが

 

 

 

日々熟成と成長が起こっているので

同じ状態が続いているわけではないんです。

 

 

 

ここでめちゃくちゃ大事なのは

 

============

十分な睡眠時間を確保する

============

 

これは何よりも大前提です。

 

 

 

そして

===========

どんな結果が欲しいのか

将来こうなりたい

===========

 

脳にオーダーすることが

さらに大事になってきます。

 

 

 

 

睡眠時間を削って働くのは

実はめちゃくちゃ

もったいないことなんです。

 

 

ギターや津軽三味線の弾き方という

わかりやすい事例でしたが

 

 

 

仕事のノウハウや知識、情報でも

同じことが言えるのです。

 

 

 

この辺りは次回へ。

 

 

 

 

いつもありがとうございます。