【パートナーデザイン】誰もが自分の話を聞いてほしい

こんにちは、パートナーデザイナー・田中和枝です。

 

 

夫と話すとき

友達と話すとき

同僚と話すとき

上司・部下と話すとき

 

 

 

人と人とが話す場面は

毎日

幾度もあると思います。

 

 

 

そんなとき

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・話しやすいと感じる

 

・話しにくいと感じる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

あなたも

両方のシチュエーションを

体験されていると思いますが

どんな違いがあると思いますか?

 

 

 

 

ちなみに私は

 

 

友達とか

お客様からはもちろん

 

 

こちら側が

サービスを受けるはずの

 

 

行きつけの

美容師さん

ネイルサロンオーナーにも

よく言われるんです。

 

 

 

=========

何だか田中さんだと

つい

いっぱい話してしまう

=========

と。

 

 

 

もちろん

いろんなスキルを磨いて

そう言われるようになったのは

間違いないですが

 

 

 

あたりまえですが

初めから

できていたわけじゃないです。

 

 

 

だから

ちょっとしたコツを

気にかけることができれば

コミュニケーションが

よりスムーズに行くはずなんです。

 

 

 

それには

まず

何と言っても大事なこと

 

=========

聞き上手になること

=========

 

巷でよく聞く

何でもないことだけど

こんなことあたりまえ・・・

 

 

 

ですが

意外と、できてない!

 

 

 

 

ちなみに

まだまだ第一線で大活躍の

明石家さんまさん。

 

 

 

彼は

超一流の

”聞き上手”と言われています。

 

 

 

どこが?

 

 

 

相槌であったり

共感であったり

質問で話しやすくしたり

一生懸命話を聞くことだったり

 

 

 

じっくり

彼を観察してみてください。

 

 

 

そして

私のセミナーでも

時々体験していただきますが

 

 

 

・わざと無関心な聴き方をする

 

 

 

これを自分が体験することで

いかに

人は

 

 

「自分の話をしっかり聞いてほしい」

 

 

 

と感じるかを

体験していただきます。

 

 

 

想像してみてください。

 

 

 

自分の話を

無表情で

無関心で

相槌もなく

顔は違う方向を向きながら

うっとおしい表情で聞かれる辛さを(笑

 

 

 

真逆をやってみることで

分かるはずなんです。

 

 

 

ただし

これは

この文面だけではさっぱり

わからないと思います。

 

 

 

ぜひ

私が開催する

セミナーで体験しに

私に会いに来てくださいね。