プロフィール

”いいね!”で夫を、家庭を変える!

パートナーデザイナー

 

田中 和枝(たなか かずえ)

京都府在住 

 

 

心理学に基づき、

夫婦のコミュニケーションの悩みを

サポートするセッションやセミナーを開催。

 

米国NLP(神経言語プログラミング)

マスタープラクティショナー資格。


経歴

京都に生まれ育ち、暮らし続けて半世紀以上。

 

大手生保営業を経て、25歳で結婚。2男1女。

子育て中に実家である

ステンレス加工会社でパートからスタート。

 

45歳で専務取締役となるが、

同族経営という

人間関係の複雑さと仕事の重責、

同じ会社に勤務する夫とは

家庭と仕事の境目のない日常から

関係悪化がひどくなり

家庭内はボロボロ。

 

心も身体も疲弊した

年月が続くが

がむしゃらに働くことで

その辛さから逃げようとしていた。

 

その逃避先として

東京・大阪・名古屋・海外で

営業やビジネススキル、

心理学を休む間も無く学び続ける。

 

そんな中、

会社である問題が起きる。

思いもかけない衝撃的な出来事により、

夫との関係が突然、劇的改善し始める。

 

この経験をもとに

夫婦のコミュニケーションで悩む

クライアントに

オリジナルプログラムを提供し始める。

 

「あの時思い切って受けてよかった」

 

「一緒に出かけることができるようになった」

 

「子どもたちも笑顔で話せるようになった」

 

「家の雰囲気が良くなった」

 

「念願だったペットを飼うため一緒にペットショップ巡りができた」

 

との劇的変化、好評価を得ている。

 

 

■趣味

*津軽三味線を弾く。

弦楽器ではなく「打楽器」を打ち鳴らす感覚に

震えるほどの感動がある。

 

*神社参拝

森に囲まれた、あるいは

山頂にある神社が特にお気に入り。

 

 

■好きなこと

人前で話す、歌う、楽器を弾く

 

 

■こうなりたい

飛行機で毎月出かけ、

パートナーシップや子育てについて講演活動をすること。

特に京都より北方向(北海道、東北方面)


なぜ「パートナーデザイナー」となったの?

「パートナーデザイナー」は

私が作った肩書きです。

 

「パートナー」という形を

既成概念からガラッと外し

再度作っていくお手伝いをする。

 

そして

一番小さな社会=夫婦を

めいっぱいしあわせにする。

 

そんな仕事にしていきたいという

想いから決めました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

夫とは同じ会社で約20年、

私の方が上司でした。


「仕事ができない夫」

としか見なかった私のせいで
夫を会社でも家でも叱責する日々。
2ヶ月に1度は

深夜までの”パワハラ”も数えきれず。

私がやっとの思いで取ってきた仕事を
大小様々な失敗を繰り返しゼロ、

もしくはマイナスにしてしまう夫。

 

(その時はそうとしか見えてなかった)

 
そんな夫の

一挙手一投足がどうしても

許せない私とは
結果的に数年後、家庭内別居状態に。
冷たい北風が吹きすさぶような家庭。

そんなある日、

またしても夫は大失敗をしでかす。

「もう、これ以上、あかん・・・」

心も体もボロボロになった私は

夫に会社を辞めさせることを決める。

(=クビ)

・・・・・・・・

それが
私たち夫婦の大逆転へ始まりだった。


==================


ボロボロになった先で学んだ、
1970年代にアメリカで開発されたNLP
(神経言語プログラミング)

=コミュニケーション心理学は

私の『人に対する固定概念』を

根っこからひっくり返した。


そして、数年かかったけれど

私たちはとても微笑ましく

お互いを気遣える

温かなパートナーへと大変身できた。


ここで学んだNLPと

ボロボロになって学んだ体験、
私が人生の大半をかけて培った

 

”理想のパートナー像”

 

これを

 

わかりやすい形にして

お届けすることが私の使命です。